スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のお寺で…




毎年、夏休みの自由研究に絵画を選ぶ娘。

今年は市の観光絵画展に出したいのだとか。

市内の名所、行事や好きな場所を描いて出します。

娘は東漸寺の仁王像を選びました。

描いているうちに、小雨が。

でも濡れない場所だから描き続け、
さ、帰ろうというときには雷雨

しかも自転車できちゃった

予定が密でない日は、こんなときも気持ちがゆったり過ごせます。
それは大事

しばし雨宿り。

トトロの歌をうたったりして

お寺、癒されるなぁ
スポンサーサイト

吹奏楽で鳥肌

娘はこの春から吹奏楽部でフルートをやっています。

普段も朝練、夕練と忙しくしていましたが、
夏休みに入ってからは、お弁当持参で朝8時台から夕方5時くらいまでみっちり練習に通っていた娘。

どんどん楽しくなってきた

って言う娘の言葉が頼もしく、うれしく感じていました。

音楽の先生は、
きっちりしていて無口な熱血漢(女性)。

7月末にコンクールがあり、その前はちょっとピリピリ。

習い事で練習を早退する子に厳しい言葉で指導が入ったりもしたそうです。

娘もバレエのレッスンをおやすみしたり、減らしたりと調整。
朝、吐いてしまい練習を休んでしまった日もありました。
(疲れか?熱中症か?)

そして迎えたコンクールの日。

朝5時台に家を出て、バスで現地へ。

「吐いた人はバスから降ろすよ」

先生はそう言っていたのだとか。

こ、怖い・・・と思いながらも、
精神面を鍛えてくれるんだな、と今までに無い指導にちょっと嬉しくもありました。

私と夫は車で現地へ。

順番は5番目。

どの小学校も上手い・・・

4番目が終わり、娘の小学校が準備を始めた。
校長先生、教頭先生、保健の先生など、いろんな先生が子どもたちのために動いてくれているのが見えました。

ドキドキドキドキ

緊張で心臓が痛い

先生の指揮で演奏が始まりました。
曲目は「ショータイム!」

明るく華やかで親しみやすく惹きつけられる曲です。

上手いじゃん皆、すごいじゃん(感涙)&鳥肌
こんな演奏ができるようになってたんだ・・・
先生、ありがとうございます!

サックスのソロを担当した子は、当日に初めて納得いく演奏が出来て、先生に「よく頑張ったね」って抱きしめられて、泣いちゃったんだそうです。
それをきいてまた感動

結果は銀賞で、金はとれず残念だったけれど、
賞を目指して皆でがんばるっていう経験は、バレエとはまた違う緊張感が有り、
いいなって思いました。

帰り道、
博多一風堂千葉中央店でラーメンを食べて帰りました。

キムチもやしが食べ放題なので、沢山乗っけてたべました。
おいしかった~。

またまた散髪

ビフォー




アフター

バレエ発表会が再来年までないので、バレエ教室のお友達は髪を切る子が続出。
娘も先日私が髪をきってあげたけど、すごく切ったわりには気付いてくれた人は少なかったみたい。

気付かれたい気持ちすっごくわかるよ~

「もっと沢山切りたいな…」

の希望にこたえ、

またまた私がチョキチョキ

バサバサ髪が落ちるのは気持ちいいね~


くせっ毛なので、同じ長さにしたはずが、片っ方内側に丸まって短くみえるから、それにあわせてチョキチョキしてはまたなおし…

このままいくと大失敗しちゃいそうなので、

多少の曲がりは目をつぶり、終了~

前髪もつくりたいって言っていたけど、
この長さで前髪作ると幼くなっちゃいそうなので、カチューシャやピンでおでこ出したほうが素敵ですよとアドバイス。

大島優子さん風になりました

感染性胃腸炎と散髪

先日娘が発熱&嘔吐&下痢

頭が痛い
といって起きてきて
それから
「トイレに行った時吐いちゃった」
と。

夜中に汚してしまった下着などは自分でゴシゴシ洗面所で洗ったみたい。

こういう時落ち着いている娘です。

息子の学校でこんな時期ですがインフルエンザが何人かいるというので、念のため調べてもらったけど陰性。
お腹を触診したときゴロゴロしているようで、症状から「感染性胃腸炎」と診断されました。

学校をお休みすること3日間。

のんびり体を休めました。



時間がたっぷりあったので、

散髪もしちゃいました。







息子が小さい時は息子の髪の毛も切っていたけど、いつからか難しくなっちゃって。
娘のぱっつん切りならまだできそう

娘のバレエ発表会

4月の末に、
2年に一度の娘のバレエ発表会がありました。

娘はバレエをはじめて5年。

3度目の発表会です。

初めての発表会の時は緊張のあまり、数秒おきに楽屋前にあるトイレに駆け込んでいた娘も、
今回は殆ど緊張せず、練習の成果を発揮し、楽しく踊れたようです。

トーシューズを履いて踊る曲もありました。

普段、練習を見学していないので、娘が踊る姿をみるのは久しぶり。
トーシューズにいたっては、履いて踊る姿をみるのは初めてで。

ふわりと可憐に踊る姿に感動しました

週に2回のレッスン。
それに加え日曜の合同レッスン。

長時間のレッスンをとっても楽しく受けていた娘。

付きそう親(私)のほうが疲れが取れず情けなかったな~

親もいろんな係について頑張りました。
今年は接待係。

スタッフや先生、ゲストの方々へのお菓子、お弁当・夕食・夜食の手配、配膳、など。

お母さんたちにも客席でゆっくり子供の踊りを見て欲しいとう先生の計らいで、
今回はどの係も前回より内容を見直し、比較的ゆっくり舞台を見ることが出来ました。

終演後の打ち上げでは、
子どもたちがひとりひとり反省、感想を述べます。

小さな子供から大きなお姉さんまでひとりひとり。

うまく踊れない部分があったと悔し涙を流す子、楽しかったと笑顔な子、
いろんな感想がありました。

中でも印象に残ったのは
「小さい時はただ発表会が楽しくて、さきのことは考えたこともなかったけれど、この年齢(高校)になり、将来のことなども考えると、あと何回発表会に出られるのか。。考えてしまいます。
後悔のないように頑張りたいです。このバレ団に入れて幸せです(涙涙・・)」

という感想でした。

親はずっと、いつまでやらせるかって頭のどこかで考えているものなんだけど、
子供はほんとにただ楽しく踊って演技しているのですよね。

娘もまさにそうです。

いつまで続けるかわからないけれど、このお姉さんのように、
自分の先のことも考えて、そして、今迄どんなに楽しかったか振り返ることが出来て、幸せを噛み締めて、できればこのまま辞めたくないと思えるくらいバレエを愛せるような

そんな思いを娘も味わうことが出来たら幸せだろうなぁ。

今日は綺麗な涙をたくさん見ました。

一生懸命って素敵です

ちなみに娘の感想は
「表彰式に今回初めて出ました(5年表彰)。(舞台上でずっと同じ姿勢で立っているから)脚がとても痛くって、今迄皆こんなに痛かったんだなぁって思いました。」

というものでした

自分の体験から人のことへも思いを寄せられるようになったんだね。
2年前に感想を言った時のもじもじした姿と全然違ってびっくりしました。

また2年後、大きく成長した娘の姿を見るのが楽しみです。




プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。