スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の日記書きおさめ

大みそか。
朝からだら~りんとぐ~たらたらりんな一日を過ごしておりまする。

先日から3日連続放送されている、
キムタクの「華麗なる一族」を
今更ながら真剣にみいってる私。
今日はしっかり最終回をみとどけ、目が充血しています。

おかげで頭の中で、テーマ曲の荘厳なオーケストラが流れっぱなし
顔つきもなんとなく重おもしく。。。

あ~、私がしゃべったり怒ったりするとき、
バックミュージックが流れていたら気持ち良いのになぁ。

なんてことまで考えだして感化されすぎの大みそかです。

子どもたちはアイロンビーズでポケモンやケーキやらをつくったり、
二人でごっこ遊びをしたりと、
私は今日はなんもかかわってません。
テレビの前も遠慮して通ってくれてました

今晩は我が家恒例、
「年に一度のリビングごろ寝の日」
今夜だけはリビングに布団をひいて、テレビをつけて、何時まででも
起きてて良いよ~
の日です。

といっても子どもたちは普通に眠くなっちゃっていつの間にかねてるんですけどね。

子供が生まれる前は、
紅白をみてから除夜の鐘を地元の神社につきにいくのが私の恒例だったので、早く子供と一緒の除夜の鐘つきを実現させたいものです。

娘が小学生になったらかな?

私は今晩は日本酒熱燗のんで、一年をふりかえり、
来年の抱負を胸に抱きたいと思います!

みなさま来年もよろしくおねがいします。

スポンサーサイト

築5周年のお祝い会

昨日、
千葉西会のみんなが、我が家築5周年のお祝いをしてくれました。

娘を妊娠中東京は中野区からこちらへ越してきて、
産院をさがし出産。
その産院でであったみんなです。

産院の名前にちなんで千葉西会となづけました。

私以外のメンバーは、
出会ってからおうちを建て、
そのつど新築祝いパーティーをしました。
我が家はみんなと出会う前に建てたので、我が家だけお祝いしてないからかわいそう。。と、今回のパーティーを開いてくれたのでした。
(やさしいなぁ。みんな)

メンバーのHさんが
ネットでお取り寄せしてくれたその名も
「禁断のチーズケーキ」
おいしくておいしくて、
やみつきになりそうな、危険な「禁断の」お味でした


4家族12名
子供たちは喧嘩したりばか騒ぎしたり、一緒にお風呂に入ったり、
昼から夜まではじけっぱなしの賑やかな会でした。

冬休みの良い思い出になったことと思います。

皆様に感謝!です。

クリスマス会

息子のお友達が、クリスマス会に呼んでくれました

息子&娘&私でお邪魔してきました♪

クリスマスケーキ、シャンメリー、甘いお菓子、そしてクラッカー

子供にはとっても魅力的なイベントですよね!

自分の子供のころはお誕生会だの流行っていたのか、
いろんなお宅でケーキ食べたりプレゼント交換した思い出があります。
いまでも楽しい思い出として心に残っています。
でも、まさか友達づきあいの下手な息子で、こんな楽しい会にお呼ばれする機会が巡ってくるとは思っていなかったので、ほんとにうれしいです。

クラッカーを鳴らした時からみんなハイテンション 。
クリスマスソングを大声で歌うBoy’s達。
わいわいそれはそれは楽しそうでした。

お友達手作りのクリスマスケーキはチョコシフォン
飾り付けもかわゆくて、
甘すぎずと~~ってもおいしかったです。
ありがとう~~

食べ終わったら、
Wiiやかくれんぼ。

母たちは習い事や冬休みの話などをしている間に
あっという間にお開きの時間が来てしましました。

ママたちとのおしゃべりは笑いが絶えず
ほんとに楽しい。

子供にとっても、私にとっても楽しいクリスマスが過ごせました。


お土産にこれまたかわいいお菓子セットをいただいちゃって感激です 。
かわいいケースはなにいれようかな♪

親子ともどもお世話になりました。
お友達に感謝です 。

娘は帰宅後、
サンタさんからいただいた、
プリキュアミントの衣装を身につけたまま、
リビングで寝てしまいました。
明日まで起きないかしら??

花水木の木の陰で

今朝、お義母さんから電話がありました。
「キャム、昨晩、おとうさんのお部屋で寝ていたんだけど、23時ごろ、
にゃ~と一声鳴いて亡くなったよ。」と。

クリスマスイヴに、キャムは天国に召されました。

キャムとは、12月24日の日記に載せましたが、
私が中学生の時、我が家で生まれたとらねこです。

キャムには兄弟があと4匹。
死んでしまったり、貰われていったりして、
最後まで我が家に残ったのがキャムでした。

赤ちゃんの時はよくじゃれて噛んでいたので、カム→キャム
と名付けました。
ムツゴロウさんの子猫物語という映画にでてきたような
かわゆい顔をしていました。

私が結婚して家を出たあとは、母と二人で住んでいましたが、
母が亡くなった後、旦那の実家に引き取ってもらい、
今までかわいがってもらったのでした。

特に大きな病気をすることもなく、
引っ越しを2度もしても迷子になることもなく
21年8か月生きたキャムちゃん。

今朝、
我が家のお庭の花水木の陰に埋め、
お線香をあげました。
P1020277_convert_20080215211511.jpg

天国で見守っていてね。

メリークリスマス・キャム

今日はクリスマスイヴ
特になにもないけれど、なんとなくウキウキする日。

ラジオから流れるクリスマスソングに耳を傾けたり、
テレビのクリスマス特集に見入ったり、
クリスマスにひたりたい一日です。

P1020263_convert_20080215211838.jpg


クリスマスケーキ
今回は娘とチョコレートケーキを作りました。

卵の泡だてや、粉のまぜまぜなど、
私より落ち着いてやってるかも

やきあがったスポンジに、
ホイップしたチョコクリームを塗り、イチゴやサンタさんの砂糖菓子を飾り、
粉糖で雪を降らせてできあがり♪
なかなかかわいくできたんじゃな~い?

娘は
「○○(娘の名前)のところに、サンタさん今日くるかなぁ」
と不安げな顔。
「もちろん、くるよ、きっと。」
と言ってあげるとにっこにこに

兄ちゃんはなぜだかとっても自信ありげで協力的で、
サンタさんが必ずこれるように、
ツリーの点灯や、
玄関のイルミネーションの点灯を率先してやってくれました。


P1020271_convert_20080215211931.jpg

玄関のイルミネーションも、今日明日が本番とあって
いつもにまして輝きをはなっているようないないようないるような。。

今年はお月さまも満月なんですよね。たしか。

浮足立ってるクリスマスだけど、
私には気がかりなことが。

学生の時に我が家で生まれ飼っていた猫、キャムのこと。

今、キャムは主人の実家で飼ってもらっているのですが、
1週間ほど前から元気がなく、鳴き声も弱くなっているのです。

21年生きている長生き猫のキャム。

今朝様子を見に行ったら、
がりがりにやせ細り、
もうお肉も筋肉もなく、必死でふらふらと歩くものの、
すぐにばったりと倒れてしまい、トイレにもたどり着けずにいました。
優しくなでて声をかけてあげながら、涙がでそうになり困りました。
キャムは弱弱しく尻尾をぴんぴんと上下に振ってくれました。
うれしい時のしぐさです。

天国へ行く日も遠くないのだ。
キャムを可愛がっていた私の母が、きっと迎えに来るんだ。

そう思いました。

もうすぐ命がなくなるかもしれないキャム。
それでも、私は家族とクリスマスを祝い、楽しい話をして笑っている。

母が亡くなった時と似た、心の矛盾

キャムは今、どんなことを思っているのかな。
幸せだったかな、キャムは。
明日も会いに行こうかな。

メリークリスマス!キャム。

雪が降りました


かねてからの予報どうり、
午後、我が家の近くで雪が降りました


。。。。商店街のイベントの話です

どんなものだろうとぶらりと訪れたその会場は、
すでに雪がこんもりつもり、
子供たちが雪山に登ったり、
かまくらにみたてたテントの中でお正月遊びをしたりしていました。

我が家の子供たちは
いきなり現れた雪景色にびっくり。

「今から再び雪をふらせま~す」
のアナウンスが流れたと思うと、
降雪マシーンから、
たくさんの雪が降り注がれました

ロマンチックにしんしんと、
ではなく、
その雪の荒くて大きいこと!ときおり氷の塊も飛び交ったり
いきなり吹雪状態です。
商店街チックな降雪なのでした。

家族でスキー場デビューの夢は
今シーズンもかないそうにないのですが、
気分だけは味わえました。

遊ばず眺めてるのって、
さむ~いですね


懸賞話ですが、
サントリーアワーズの
カンパイグラス が届きました
使うのは来年の夏かな?

ウインターコンサート

幼稚園のママが入っている
「森の音楽隊」
という楽隊のコンサートが、
近くのホールで開催されるとのことで、
家族で聴きにいってきました。

「ママだって楽器を吹きたい」
「子供と一緒に練習に参加したい」
という想いから活動を開始した楽隊で、
約60名のママさん楽隊員でコンサートを開催。

指揮者は阿部 汎雄(ひろお)さん
司会はラジオやテレビで活躍されている上田郁代さん。
コアラテレビも取材に来ていて、
会場は満席。

ママたちの楽隊なだけに、小さなお子さんがたくさん応援にきていて、
演奏の途中に歌ったり笑ったり、
赤ちゃんの泣き声が響いたり、
通常の演奏会ではタブーなことも、
ここではOK

こういったかなりの練習が必要な活動は、
ママになるとあきらめてしまうことが多い中、
同じ気持ちの仲間が集まって、
こんなに大きな素敵な演奏会を催すことができるなんて、
素晴らしいな~と思いました。

曲目は
ドラえもん
アンパンマンのマーチ
サザエさん
となりのトトロメドレー
などのアニメのほか、
そりすべり
ホワイトクリスマス
刑事ドラマのテーマ曲
威風堂々
などなど、馴染みの深い曲ばかりで、
我が家のこどもたちもあきずに舞台をみつめていました。

アンコールでは
「いかりをあげて」
を演奏してくれたのですが、
この曲は、私が小学生の時はいっていた鼓笛隊でよく演奏したもので、
(私はアコーデオンでした)
かなり懐かしく聞き入りました。

人が真剣に何かをやっている姿、表情は、胸を打ちます。

私も頑張るぞ~というピンっとした気持ちをもらってこれるので、
こういう演奏会や発表会に行くのは結構好きな私です。

創る描く書く

こどもたち、
家にいるとき何かつくったり、描いたり、
静かに遊ぶことが増えました。

女の子を描いたらみせにきて、そのあと女の子の服に色を塗ったらみせにきて、
と洗い物などの家事をしている私にみせにきてくれます。
「みて~」と。

「かわいいねぇ」
「この色いいねぇ」
と私のプチコメントをきくとまたもどり、次、女の子が犬を連れている絵を追加して持ってきて。。。

だんだん私のコメントが貧弱になっていきます。
あ~ボキャブラリー減ってるなぁ。私。

息子は電車の路線図や、電車を前から見た図や、横から見た図を描いてきます。路線によって微妙に違うようですが私にはわかりません

昨日は娘が折り紙を折っていて、
ところどころ教えたのですが、
しばらくすると「割りばしちょうだ~い」と。
なにやら作品に使いたいようで。

しばらくすると、
「みて~」
と人形劇もどきを嬉しそうに作っていました。

P1020186_convert_20080216233853.jpg

家事が終わったので、人形劇ごっこに少しつきあいました。
ごっこあそび得意の娘と、想像遊びがぐっと下手になったお母さん。
あわせるのが精一杯でした~

少し前ですが、息子は学校から大きな絵を持ち帰ってきました。
虹色の魚という絵本を読み、
そのお話をイメージしてその世界を絵にするという図工の課題。

P1020190_convert_20080216233949.jpg

学校で廊下に飾ってあったときみたら、
どの子も似てる感じの作品でしたが、色づかいや表情が微妙に違っていてなかなか素敵でした。

息子の作品は県の作品展で佳作になったそうで、びっくり。
きくと、クラスにあと数人佳作のひとがいるようですが、
息子の満足げな顔をみて、親として嬉しく感じました。

賞をもらえたのはおまけですが、
こどもたちには何かを作り出すことの喜びをたくさん味わってほしい。
芸術に限らず、仕事でも、遊びでも、それって基本の喜びに感じます。

そして、最後に私の書く・・・・は
懸賞です。
最近は、NECスピークスより、
やぎの携帯ストラップ(旅行やFAXめあてだったのに、なぜに携帯ストラップ、そしてなぜにやぎ~)

そして先日は情報誌より、
パンジー24株プレゼントが当選しました

P1020191_convert_20080216234321.jpg

パンジーは家族で引き取りに行き、
ビニールハウスの中で、たくさんのパンジーの中から
家族でワイワイ楽しく好きなパンジーを選びました。

お庭のどこに植えましょう。
チューリップさんをどこに植えたか忘れちゃったから掘り起こさないように気をつけながらうえなくっちゃ。


鮭の赤ちゃん飼育中



昨年に引き続き、
息子が小学校から鮭の卵を配布されてきました。

鮭の卵、そう、いくらで~す。
P1020162_convert_20080215224034.jpg

全国のいろんな学校で、鮭の稚魚を飼育し、
川に返す。。
という取り組みをおこなっていて、
うちの息子の学校も、ある程度の大きさの稚魚まで育てたあと回収し、
江戸川に放流するようです。

昨年はみんなからよく見えるリビングで、
卵から観察していたけれど、稚魚になりしばらくして全滅してしまいました。

今年は、インターネットで飼い方を調べてみました。

水温は8~12度適温。
20度で死んでしまう。
卵からかえり、おなかのさいのう(赤いグミの実のようなもの)がなくなるまでは、水槽を暗くする。(黒い画用紙をはったり)
水替えはこまめに。
などなど。。。。。。。

うちのリビングはあたたかすぎるので、玄関のトイレの前に、
バスタオルで水槽をおおい、
まるで、つぎの粗大ごみの日までそこにおかれているかのような扱いで今回は飼育中です

一昨日、5つのいくらのうち4つのいくらからしらすのような赤ちゃんが生まれました。
しばらくはおなかにいくらがついていて、
それが栄養なので餌もいらないそうです。
おなかのいくらがなくなり、銀色の稚魚になり、
水槽の上のほうに泳ぎだしたらえさのやり時との事。

今回は、我が家産の鮭が無事育ち、江戸川放流までいけたらよいなぁ。

そんなことを考えながら夕飯に鮭をたべる冬です

抱きなさい子を

まさに子育て真っ最中の、
今の私の心に響く詩に出会いました。
読むとじーんときます。
イライラする日も多いけれど、
2度と来ない今この時を、子供と大切に過ごそうと、
心改まる詩です。



抱きしめなさい子を
育児書を閉じ 子育てセミナーを欠席し

抱きしめなさい子を
誰にも遠慮せず あなたの子をしっかりと

抱きしめなさい子を
母の膝が子供の愁いの
すべてを除く その時代に

いつか母の膝は
子の悲しみに近づけない日がやって来る
やがて母の手が
子の涙を拭いてやれない日が訪れる

きっと来るその日
子が涙を拭う手に
柔らかな記憶の手が重なるように
痛む子の心が
温かな思い出の膝に包まれるように

母よ抱きしめなさい子を
もう何もしてやれない日のために
抱きしめる手が 子の未来に届くよう
幾度も幾度も抱きしめなさい

母たちよ
やがて別れる者として
あなたの子をしっかり胸に抱きなさい

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。