スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルバニアファミリー(当選品)


久々の当選品(写真横で見ずらいですが

エポックより、シルバニアファミリーの、
『全国各地限定うさぎファミリーセット』
届きました~。

☆ののはなウサギファミリー

☆はなぞのウサギファミリー

☆しおかぜウサギファミリー

☆ラベンダーウサギファミリー

の4セット。

ラベンダーは北海道かな?あとのは??
全国各地限定というので
地方色豊かかと思ったけど違うみたい。

最近は
お友達と外あそびしたり家族ごっこしたりめいいっぱい遊び、
シルバニアと静かに遊んでることが減ってる娘ですが、

箱に沢山入っているかわいいウサギファミリーに
大興奮してました~。
スポンサーサイト

膝の炎症

1週間ほど前から
娘が左ひざまわりが痛いと訴えだしました。

ズボンの脱ぎはきをしたとき、
屈伸したとき。。。。

痛い。。というのが、縄跳び練習をたくさんやって帰ってきた日から始まったので、
筋肉痛かな?
とか、
成長痛かな?

と見守りつつもほっておきました。

でも、なかなか痛みがひかなくて、
娘の不安も大きくなって、

私も心配になり、
整形外科を受診しました。

娘の膝をみるなり
「少し腫れているね」
と、先生。

私にはその腫れはきずきませんでした。

レントゲン撮ったところ、骨の異常はない様子。

おそらく縄跳びで痛めたのでしょう
とのことでした。

膝のおさらまわりが炎症起こしているそうです。

3学期、
娘の学校では縄跳びが盛んで、
上手なお友達に触発されて、娘も毎日頑張っていました。

技ができたら先生にみてもらい、級があがっていきます。

放課後も、残ってやっていたようです。

その甲斐あって
二重飛びが20回できるようになった!
と喜んで帰ってきたのですが

膝を痛めてしまったのですね。。。

しばらく縄跳び禁止令。

ゴールデンウィークにあるバレエの発表会にむけて、
練習も熱が入っていく時期

バレエのことも心配でした。

先生が
娘に「バレエやりたいか?」ときいて
娘がはにかみながらうなずくと
「よし、バレエはいいでしょう」
とのこと。

何時間もの練習ではないので禁止しなくてもよいだろう
と、優しい判断をしてくださりました。

よかった~~。

私も小学1年か2年の時
リレーの選手になり、走り練習をたくさんやっていたら
アキレスけんのあたりが痛くなり、
病院で走り禁止令が出たことがあります。

担任と母親に
どうしても出たい!と、泣いて訴えたことがありました。

がんばりすぎてしまうところ、
母娘で似たかな。

3月10日東京大空襲

昨日のこと。ヘルパーで訪問先の80代のご利用者様が、

今朝は3時に目がさめて、寝付けずにしばらく起きていたといいます。

『夢のせいかしらね』

と。

お母さんに
『起きなさい、遅れるわよ』
と起こされる夢をみたそうです。

『今日は母の命日だから、そんな夢をみたのかしら』
そうおっしゃっていました。

以前から、お母様は空襲で亡くなった、ときいていました。

東京大空襲だったのですね。

深川に住んでいて19歳で空襲にあい、40代のお母様と兄弟3人を失ったそうです。

『お父さんと逃げて運よく助かることができた』

そう話してくれました。

私も両親が既に他界してしまったけれど

戦争で家族を失ってしまったかたの悲しみは、はかりしれません。

『深川には二度といきたいと思わない。懐かしいと思わない。
思い出したくないわ。。』

それでもお母様の命日だから、
毎年必ず思い出さざる追えないつらさはどれだけのものでしょう。

65年たった今でも
戦争の恐怖苦しみは鮮明に記憶に残り、
家族と引き裂かれた悲しみは癒えることがない。

『こんな思いをする戦争は二度と起こしてはいけないわね』

この言葉はテレビや人の話しの中で、今まで何度か
耳にしてきましたが

今日は
一段と心に響きました。

バイキングと学校のこと



写真見た目悪しですが、すみません

スイーツとパスタ、カレーライス&各種飲み物のバイキングに行ってきました。
若い頃はあちこちのケーキバイキングに行くのが趣味だった時期もあったけど
最近はご無沙汰でした。

いろんなケーキやムースに心踊り、

欲張ってお皿にいっぱいとったけれど

すぐにお腹が苦しくなってしまいました~

パスタやカレーライスで休憩し(意外と休憩になるんだよね~)、

またスイーツに~

12種類くらい食べたかな?
帰り道は妊婦みたいな歩き方になっていました(笑)

それから小学校へ~
息子の学習発表会&今学年最後の懇談会です。

体育館で、ショートコント仕立てのクラスやクラブの紹介

一年間の思い出を振り返る掛け声や歌、ダンス、縄跳び等

皆どのこも大きくなったなぁ

なんて思いながら楽しくみさせてもらいました。

そして

息子の担任は、
定年ではないけれど、
息子たちを最後に教師を辞めてしまいます。

3、4年と受け持ってもらったので思い出がいっぱい。
涙を流し挨拶する先生。

私も御礼をのべながら涙涙でした。

いつも明るく笑顔の先生。
叱ってもあとをひかずに
次へ進み、またすぐにほめてくれる先生。

生徒のよいところを認め、見守ってくれて。。

親として見習わないといけないこと沢山ありました。

「家が近いからお茶しにきてね」

って
声をかけてもらいました。

いつか
成長した息子と挨拶に行けたらいいなぁ。

それを目標にがんばろう!
なんて思います。
プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。