スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩師を囲んで

土曜日、
高校時代の先生二人、そして仲良しメンバーとお約束。

まずは新宿でランチ。

高島屋近くビクトリアスポーツお隣の
イタリアンのお店「TRATTORIA VOLONTIERS」にて。

あのあたり、変わりましたね~

前よりもこじゃれた飲食店が増え、
ちょっと表参道の裏道の空気感に近いものがでたような。

このイタリアンのお店はネットで評判良かったので楽しみにしていきました。

かわいらしい店内。
お料理もおいしくいただきました。
(先生に便乗して赤ワインもグラスで

仲間の一人が8月に出産ということで嬉しい会なのでした。

お次は池袋に場所を移してティータイム

「トラベル カフェ」の個室にてもう一人の先生も加わりゆっくりお話。

まだまだ話したらず
3次会は
居酒屋「高田屋」

私は先生方のお話に聞き入っていました。

おふたかたとも
多感な高校時代、とても強く影響を受けた大好きな先生(女性です)。

うちの学校は個性豊かな素敵な先生が多く、
学校行って授業受けたり、職員室行っておしゃべりするのがとても楽しみでした。

あれから20年以上すぎ、
先生方も年齢を重ねられたのだけれど、いまでもいろんなことに興味を持ち、チャレンジされて
社会の情勢にも関心を強く持たれ
キラキラされています。

やっぱり楽しい。刺激を受けました。

数ヶ月前にご主人を亡くされた先生のお話は
母の最期の闘病時の自分の気持ち、母を見送った後の自分の喪失感と重なり涙でいっぱいになりました。

まだ喪失感でいっぱいだけど、必死に涙をこらえようとなさる先生に私が言えたことは

いつか本で読んだ
「故人のために泣いてあげること、故人をいっぱい思い出して語ることは一番の供養になる」
ということでした。

悲しいけれど、亡くなるとその時から、その人はどんどん人々の記憶から消えていってしまうもの。
でも、その人が確かに生きていたんだ、こんな人だったんだよと語り、思い出すこと。
そしてその人との思い出とともにしっかり生きていくこと。
そうすることでその人は、自分の中で一緒に生き続ける。

私はそう思う。

前の日記で、母の命日には沢山泣いてしまう
と書いたけれど、
私はあえてしっかり思い出す日と決めている。

亡くなったばかりの喪失感はもう私には無いけれど、
逆に今度は母を忘れていってしまう寂しさが押し寄せる。

母の声、性格、言葉。。。。
あんなに知っていたはずなのに、思い出せるのは同じシチュエーション。

だから時折母のことを知っている人から
母の思い出話が聞けたりするととっても嬉しくなる。

まるで飛んで行ってしまったパズルのかけらがみつかったように。

今悲しみにくれている先生も、
きっといつかそうやって、思い出をだれかと話すのがつらいのではなく、嬉しく感じる日が来ると思います。
そして、やっぱりご立派だと感じたのは、習い事を始めたり、いいと思う会に参加してみたり
すでにしっかり先生は前を向かれていました。

生まれる命
消えていく命
出会い
わかれ

そんなことを考えた一日でした。

それにしても先生たち
誰と誰がつきあっていたとか、
私たちより詳しくて、しかも今でもしっかり生徒名とか覚えててびっくり!

職員室での裏話?も聞けたりして楽しいひと時でした。







スポンサーサイト

スッキリ

今日は仕事が休みでした。

いろいろ溜まってる家事をしよう!

と決め、
TO DOリストを書いてみました。

書き終わったら安心して。。まずはトイレに行ってから、まずはコーヒー飲んでから。。
な~んてやってたら気がついたら昼近く。

やばい!

それからは気合い入れて
リストをひとつずつ消して行きました。

この、終わったあと線をひいて減らしていくのが気持ちいいんです。

私は試験前や夏休みの宿題も、こうやって気持ちあげてました。

子供達にも教えてるんだけど、書くのがめんどくさいみたいで。。
今日も真夏日!あっつくて洗ったものがよく乾くので、トイレの便座部分も外して洗っちゃいました。

あ~すっきりしたo(^-^)o

四つ葉のクローバー




娘がお友達と見つけた四つ葉のクローバー

ひとつかと思ったら沢山ある。
「これはそれように育てられたやつだと思うけど。」と娘。

以前、花屋で「四つ葉のクローバー」という品種名で売られているのをみたとき
娘と一緒に驚いたことがあった。

「え~。こうやって売られているんだぁ。
庭に植えたら増えるかな?
でも四つ葉ってなかなか見つからないから見つけた時幸せな感じなんだけどなぁ。。。」

って私は言って、結局買わなかったんだ。

娘の言った「それように」とはそういう意味だと思う。
ニュアンスわかってくれてると感じたときって嬉しいな。

子どもの頃
四つ葉のクローバー探し、とても楽しかった。

どこかの誰かちゃんがみつけたなんて話をきくと

「ほんとにあるんだ私もみつけたい!」

と、まるで化石発掘のような気分で探していたっけ。

結局私はみつけたんだっけ?

忘れてしまった。

「幸せの四つ葉のクローバー」
って誰が言ったんだろう。

ぴったりのネーミング。

大人になった今でも
草むらにクローバーをみつけると
ちょっと探しちゃう自分がいます。

息子も小さいとき、我が家の庭で四つ葉のクローバーを見つけたことがあります。
私が押し花にして飾っていました。

娘がみつけたクローバーも
押し花にして飾っておこうと思います。



父の日

父の日。

母の日同様
「パパなに欲しい??」って子どもたち。

息子にはマッサージ
娘には庭の草むしり

を依頼したパパでした。

そんな父の日はお昼前から息子と主人は野球観戦。

ヤクルトファンのふたり。

神宮球場へウキウキと出かけて行きました。

息子が小さかった時、大きくなったら一緒に野球観戦したいな
って言ってた主人。
野球少年にはならなかったけど、なぜか野球観戦は大好きな息子になって良かったね。

夕方帰宅してさっそく息子にマッサージしてもらった主人です。

息子と主人の留守中に
娘と私は庭の草むしり

最近庭の手入れをさぼっていたので雑草と芝がものすごいことになっていて

きれいにし終わったときには
紙のゴミ袋3袋がパンパンになりました。
私は軽い腰痛に。。。。
普段から手入れしていないとだめですね。

帰宅した主人に庭をみせると
依頼したところ以外もきれいになっていたのでとってもビックリ&喜んでくれて
娘もとっても嬉しそうでした。

義父には前の日にプレゼントを渡しに行きました。

ユニクロのカラ―ステテコと、企業Tシャツをリクエストしてくれた義父。

皆で選んだプレゼント
とっても喜んでくれました。




切手


 

 

切手を買いに郵便局へ行きました。

「50円と80円切手下さい」

懸賞好きの私はよく郵便局へ行く。

切手を頼むと
「何枚ですか?」
いつも普通の切手を手際良くぱりぱりと切ってくれる。

今日は違った。

「どれにしますか??」

と、厚いファイルをひらき、
パラパラとめくりながら
「こんなのもありますよ」
と選ばせてくれた。

地方独特の切手や動物シリーズ、童謡シリーズ、○○記念、季節のお花等々。。。

小学生の時、当時流行っていた切手収集ブームをかじった私は
そういう切手をちょろちょろと購入して楽しんでいた。
チャールズ皇太子とダイアナのご成婚記念切手シートも購入したなぁ。
(いろんな切手、シートのままきれいに保管していたら価値があがったのだろうけど、
切り離して切手ファイルに入れるのが好きで、今残っているのは価値はない。
でも今見てもわくわくする)

渡されたファイルを見ながら思わず
「わぁ~、これもいいなぁ。こんなのもあるんだ~。えっ、ここからも選んでいいんですか??」
と喜んでいる私に

「シートでなくても買えますよ。いつでもお気軽に申しつけください」

と優しく声かけしてくれた局員さん。

すべての切手を1枚ずつ購入したい気持ちをおさえ、今回は動物とメルヘンに。

今度は違うの買おうっと。

80円のメルヘンのはシールになってるから
裏をなめて貼る手間がはぶける。

でもはがした紙を捨てる手間が面倒に思う怠け者の私



プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。