スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下町満喫卒業記念ツアー

息子は夏休みの自由研究でも淺草まで一人ででかけたし、クラスの皆と先日淺草花やしきに行ったばかりだというのに
卒業記念に家族で淺草に行きたい!とリクエスト。

下町が落ち着くから大好きなのだそう。

私もゆっくり回ったことはなかったので、満喫プラン考えてみました。


雷門
仲見世通り散策
浅草寺
江戸下町伝統工芸館
浅草演芸場ホール見学(外から)
洋食屋ヨシカミ(昼食)
浅草公会堂のスターの広場
人力車体験
かっぱ橋道具街散策
月島でもんじゃ焼き(夕食)

外人さんも多く人でごった返していた雷門~浅草寺へと続く参道(仲見世通り)
日本で最も古い商店街なのだとか。

ペットのグッスを売ってる店にはペットの日本髪かつらまでありびっくり!

美味しそうなきびだんご、もなか、可愛い江戸小物のお店などなど楽しい散策♫

ネットに載ってたアイスクリーム屋さんみっけ。
ラムレーズン・抹茶バニラ・さつまいも・キャラメルをぺろり。

浅草寺を歩いてから


江戸下町伝統工芸館へ


入口に大きな熊手!
土日には職人による伝統工芸品の製作実演が見られるそうですが、平日のためみられず。
ビデオで羽子板工芸をみました。

職人の技と手さばきに見入ってしましました。

こういう伝統工芸の作り手のバトンがいつまでも途切れないで続いていくことを願います。

落語を中心に、漫才、手品などを見ることの出来る淺草演芸ホールの前を通ると。。
↓向かいに「六芸神」がまつられていました。



私は真ん中の「話の神様」を念入りになでなでこすってきました~

お腹がすいてきたので1951年創業の洋食屋「ヨシカミ」へ


お客さんの列に並んで待ちました。
ハヤシライスはすぐに売り切れてしまうそうなのですが、この日はまだあり、私と息子はハヤシライスをオーダー。
主人はまんぷくランチ(ビーフシチュー&スパゲッティ)
娘はビーフハンバーグ

店内には芸能人のサインがびっしり!
芦田愛菜ちゃんのもありました。

満腹になり
再び散策~~

淺草公会堂の前には、淺草ゆかりのスターの手形がたくさん!


意外と小さい手のスターもいたり。
レリーフといえども手のひらを合わせるって親近感わくなぁ。

仲見世をまたぶらりして、雷門前に戻り、
娘のリクエストで人力車体験~


お値段はりますもんで、10分程の体験でしたが、楽しそうでした。
私も乗ったこと無いから乗りたかったな。

おつぎは合羽橋道具街へ
テレビでもよく紹介されている食品サンプルの店や食器屋さんなどをみて歩きました。


サンプルを作る体験は、3月は満員だそう。
よく出来ていておいしそう~~

合羽橋、昔歩いた時はもっと賑わっていたような気がしたけれど、
この日は静かな道具街でした。

歩き疲れて時計をみると、夕暮れ時。
さ~て、お夕飯は月島のもんじゃです。

ネットで口コミのよかった「おしお和店」へ


↑明太子もちチーズもんじゃ、肉ベビースターもんじゃ



子どもたちは初もんじゃ。

あつあつハフハフおいしそうに食べました。

デザートにあんこ巻きというのも頼んでみました。

厚めのクレープ生地にあんこいっぱい
美味しかった。

自分たちで焼いて楽しさ倍増。

歩きまくって足はつかれたけれど、
なかなか充実した思い出に残る一日になりました。

淺草、まだまだ歩いていない通りや食べてみたいお店がいっぱい!

季節が変われば楽しみ方も変わるし、
何度でも楽しめそうですよ♪





スポンサーサイト

未来の娘の顔??

旦那似だったらこちら



私似だったらこちら



こ~んな写真とってDs-iで娘が遊んでた
ゲーム機でこんな遊びもできるんだね。
二人の顔をミックスさせるって機能で。

私と旦那の写真をミックスしたら娘か息子の顔になるかな?

で、娘の未来の顔ですが、
断然旦那似な娘なので、一番目の写真はもうそのまま娘じゃん


おまけでもういっちょ

旦那の目が光る我が家の便器





卒業したんだなぁ。。

先日、息子は無事、小学校を卒業しました。

私は涙もろいから、涙、涙の卒業式になると想像していたのだけど、
なんとも清々しく笑顔いっぱいの卒業式でした。

体育館に入場してきた姿も、卒業証書をもらう前に大きな声で自分の思いを言う姿も、
壇上で呼びかけを言う姿も、
どれも立派だった。

式の後、私と手をつないで、下級生や先生方が作ってくれたお花のアーチの中を照れながら歩く息子の姿
忘れない。

アーチの最後の方に、担任や校長先生の姿もあり、挨拶をしました。
アーチを潜りきったら卒業。

とっても良い演出だなぁと改めて思う。

そのあとは友達や先生と写真撮影

息子は女子の友達のほうが多いみたいで、
あちこちで呼んでもらって写真におさまっていました。

うざいけど憎めない弟みたいな感じなのかな

息子のクラスは皆で仲良しで、
春休みに全員で浅草のはなやしきに遊びに行く計画が立っています。

卒業遠足ですね。

楽しそう。

春休みにはまた、息子の親友くんもこっちに帰ってくるし楽しいことがいっぱい。

卒業した~~~って感じではないのはそのせいかな?

追記

写真撮影のとき、自転車部の後輩の男の子も息子のところにきてくれました。一緒に写真を撮って名残惜しそうでした。
息子なりに部長として一生懸命頑張った自転車部。
小さな小さな部だから、存続できるように部員募集のポスターを何枚も書いたり、体験入部を先生に提案したり…。
次の人のために頭を悩ませていた息子。先生もその気持ちと行動力に感心していたよ。

最後に後輩とゆっくり話ができて、締めくくれてよかったね。

これからも息子の良いところが花開いていきますように

明日は卒業式



息子、明日が小学校の卒業式。
今朝、登校前の最後のランドセル姿をパチリ。
お義母さんがプレゼントしてくれた濃紺のランドセル。
6年間壊れずに使えたなぁ。



担任からのメッセージ&クラス写真のシールが付いたコインチョコを持ち帰ってきました。
息子のクラスが今迄受け持った中で一番印象深く楽しかった
と先日の懇談会で話していました。
今迄卒業式で泣いたこと無いって言っていたけど、明日はどうかな?




保健の先生からはこんな表をもらってきました。
6年間の成長記録。
1年生の時より身長は32.9センチ、体重は19.1㌔増えました。

つい最近までは無邪気で、授業参観では後ろをチラチラ振り返って、へたすれば「おかあさ~ん」なんて手もふっちゃいそうな息子だったけど、

この前の吹奏楽部のお別れコンサートに一緒に行った時には、
私の横でずっと無言で、私が話しかけると、しっ!って口に人差し指立てたりして・・・

この~~!!って思ってからかうと本気で嫌そうでした(・_・)

へ~~ってなんか成長が感じられて、じわりと嬉しかったよ。

明日、楽しみ♪


ナレーション勉強、一歩踏み出しました!

前にブログに書いてからずっと、
自分に合ったナレーションのスクールを探していました。

ナレーション・声優養成所、スクールは星の数ほどありました。

年齢制限を設けていないところもたくさんみつかりました。

ただ、全てとは言いませんが、多くの養成所は生徒の学費が大元の会社の資金源であることは否めない現実のようです。
生徒の中から本当に素晴らしい人材を見つけて売りだせばその会社も潤うわけですが。
実際は何年も通い続ける生徒、卒業はしたけれど、仕事にありつけない生徒、
卒業後はオーデションがあるが、そのオーデションにやってくるのはその学校のコネのある小さなプロダクションで、
よくよく調べたら、本当にそのプロダクションに入りたいのなら、その学校ではなく、
そのプロダクションが主催している養成機関に行けば近道だった。。
そんなようなこともわかりました。
ただ、養成所に行けば、同士がいるので、励まし合いながら鍛錬できる。他の人が通った学校の情報が入る、有名な声優さんやアナウンサーさんが講師で来たりするのでコネが出来ることもある。
物事にはメリットもデメリットもいつもついてまわります。

ネットの口コミやスレッドを熟読し、キーワードを辿って行ったり、
資料請求して卒業生名簿をみて、その人のブログを覗いたり、所属したプロダクションを調べてみたりもしました。実際にメールで問い合わせをして私の年齢から断られた個人スクールもあります。

なかなか、自分に合いそうなところが見つかりませんでした。

レッスン内容はどこも楽しそうなのですが、
私の年齢になると、
楽しさよりも、実際に自分が短期間でどれだけ伸び、仕事に結びつくものをえられるのか。。
それを考えてしまいます。

家族の協力があるとはいえ、主婦なので、
使える時間とお金は最も有効に使いたい。使わなくてはいけない。

若い時にスクールを探していたらこういう観点はあまりなかったかもしれません。

今だからこそ、ふらつかずにさがせるのかもしれない。


そして、遂に!!
一人の先生(女性)とめぐりあいました。
(今は生徒だけど、いつか仕事場で一緒に仕事をした時に、現場で「先生」はいやだから、名前で呼んでね、と言われていますがここではあえて「先生」と呼びます。)

HPや先生のボイスサンプル、仕事の経歴、ブログなどから、先生の人柄、考えを知り、この先生に学びたい!と強く思ったのです。

その時は空きがなく生徒募集していなかったのですが、
ぜひとも学びたいので空きが出たら連絡を・・・
とメールしたのが始まりです。

現在受付していないのにも関わらず、こうしてフライング気味に問い合わせするタイプの人・・・・・・私は好きです(笑)
そのぐらい前のめりな性格じゃないとなかなかやっていけない世界です

と嬉しい言葉をもらいました。
私は普段は前のめりでは無いと思うけど、好きな事、信じること、決めたことには突進するタイプ。
この力を良い方に使って、今後もレッスンに励みたいと思います。

レッスンのスタイルは
スカイプレッスンというもの。

パソコンにオペレーターみたいなヘッドマイクをつけてマンツーマンで指導をうけるものです。

まずは発声・滑舌から。
声は全身の筋肉を使って操って出すものなので、お腹も、ほっぺもベロも筋トレあるのみ。
(ベロも筋肉なんですよ。)
毎日コツコツ筋トレします!


レッスンを始めるにあたって先生は私にアドバイスをくれました。
年齢のハンデはあります。onyorinと同程度のレベルの20歳がいたら100%20歳の子を使います。
では20歳の子が順調に進んで40歳になった頃はこの位のレベルになっているだろうな。。と思えるぐらいのレベルにonyorinがなっていたら??
これも微妙です。
なぜなら40歳だけどそれなりの魅力がある新人(onyorin)が勝負を挑む相手は、現役40歳のそれなりに実績を積んだプロになるからです。

お金に余裕のある会社ならまず、経験のあるプロを使うでしょう。
ただ、お金に余裕のない制作会社にとって、
「能力値があるのに新人値段でやってくれる人はありがたい存在」です。
と。(声の仕事のギャラはランク制で、年数が経った人はギャラが高いので安くて済む新人を使うケースがある。ドラえもんの声優陣が入れ替わったのもギャラが高くて制作費がかかってしまうためと聞いたことがあります)

私は先生の言葉の意味がよくわかりました。そしてすっきりしました。

まずは自分のナレーションの技術を高めたい。基礎からしっかり学び、堂々と売り込める自分になるべく努力します。



プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。