スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後に出っ張りをゆっくり歩いた人間は君?

20100117155128


先日、我が家の近くの道に白い柵ができました。

柵の向こうは崖になっていて
その下は畑です。

それまでは、崖のぎりぎりのところに15センチくらいの幅で高さも15センチくらいのコンクリートの
出っ張りが続いていて、それが一応崖に落ちないような目印というかガードになっていました。


息子は
柵が出来上がる前日の夕方

その出っ張りの上を、平均台を歩くように
ゆっくり歩いたそうです(危ない~)。

柵ができてしまったら歩けないから
歩きたかったみたいです。

「おかあさん、この白い柵の向こう側、あのでっぱりを
最後にゆっくり歩いた人はたぶん俺なんだよ~(←この、「俺」の発音は、抹茶「オレ」の発音と同じに読んでください)
みんなそんなとこわざわざ歩かないでしょ。」

そうだね、そんなとこわざわざね。。

でも、面白い考えだわ!
な~んて思う私もいます。

私も
取り壊される前の建物の壁をさわったり
写真撮ったり

そういうことしてた人だから

遺伝してるのかしら~

そうそう、この道は旧水戸街道で
徳川光圀が通ったって道標に書いてあるんですよ~

歴史を感じる道なのです。


スポンサーサイト

コメント

息子ちゃんの発想、素敵だねぇ~♪o(^^)o
子供って、ほぉ~っていう発想したり、言ったりするよね。
それだけ純粋っていうか、柔軟な脳というか☆

NoTitle

明日になったらなくなってしまうもの、
明日になったらふれあえないもの
そういうものに対する惜別の念、いとしさ。。。
それがなんとなくでもわかってくれてるのだったら嬉しいな。お
な~んて思います。
Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。