スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリークリスマス・キャム

今日はクリスマスイヴ
特になにもないけれど、なんとなくウキウキする日。

ラジオから流れるクリスマスソングに耳を傾けたり、
テレビのクリスマス特集に見入ったり、
クリスマスにひたりたい一日です。

P1020263_convert_20080215211838.jpg


クリスマスケーキ
今回は娘とチョコレートケーキを作りました。

卵の泡だてや、粉のまぜまぜなど、
私より落ち着いてやってるかも

やきあがったスポンジに、
ホイップしたチョコクリームを塗り、イチゴやサンタさんの砂糖菓子を飾り、
粉糖で雪を降らせてできあがり♪
なかなかかわいくできたんじゃな~い?

娘は
「○○(娘の名前)のところに、サンタさん今日くるかなぁ」
と不安げな顔。
「もちろん、くるよ、きっと。」
と言ってあげるとにっこにこに

兄ちゃんはなぜだかとっても自信ありげで協力的で、
サンタさんが必ずこれるように、
ツリーの点灯や、
玄関のイルミネーションの点灯を率先してやってくれました。


P1020271_convert_20080215211931.jpg

玄関のイルミネーションも、今日明日が本番とあって
いつもにまして輝きをはなっているようないないようないるような。。

今年はお月さまも満月なんですよね。たしか。

浮足立ってるクリスマスだけど、
私には気がかりなことが。

学生の時に我が家で生まれ飼っていた猫、キャムのこと。

今、キャムは主人の実家で飼ってもらっているのですが、
1週間ほど前から元気がなく、鳴き声も弱くなっているのです。

21年生きている長生き猫のキャム。

今朝様子を見に行ったら、
がりがりにやせ細り、
もうお肉も筋肉もなく、必死でふらふらと歩くものの、
すぐにばったりと倒れてしまい、トイレにもたどり着けずにいました。
優しくなでて声をかけてあげながら、涙がでそうになり困りました。
キャムは弱弱しく尻尾をぴんぴんと上下に振ってくれました。
うれしい時のしぐさです。

天国へ行く日も遠くないのだ。
キャムを可愛がっていた私の母が、きっと迎えに来るんだ。

そう思いました。

もうすぐ命がなくなるかもしれないキャム。
それでも、私は家族とクリスマスを祝い、楽しい話をして笑っている。

母が亡くなった時と似た、心の矛盾

キャムは今、どんなことを思っているのかな。
幸せだったかな、キャムは。
明日も会いに行こうかな。

メリークリスマス!キャム。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。