スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤毛のアンと温かい思い出





新宿文化センター
24日18時開演
ミュージカル「赤毛のアン」
観てきました。

以前懸賞で当たったものです。

早めに現地に着くと、まだチケット引き換え時間ではないはずなのに長蛇の列!
「はやくから並んでいらっしゃるお客様も多数いらっしゃりますので予定時間を早めて引き換えすることになりました~」
とアナウンス。

現地を下見してから娘とどこかで早めの夕飯を。。
なんて思っていたけど
順番で席が決まるとのことだから、コンビニで軽食を買いこみ列に並んだ。

代表者だけ並べばいいというので、私が列に並び、
娘は沿道にこしかけ腹ごしらえ。

ながくかかりそうなので、
「トイレしたくなったら係りの人にきいてホールのトイレにいくんだよ」等など娘に話す。

列から離れられないというのはこういうとき不便だなぁ

「うん、わかった~。ママ、今度は私が立ってるからママも食べてきていいよ」
なんて言ってくれるようになった娘。
頼もしく、大きくなったものだ。

1階18列7、8番

まずまずの眺めだった。

内容をあまり知らない娘のために、
赤毛のアンのビデオを事前にレンタルして予習していたので、凝縮された内容だったけれど
娘もよくわかった様子。

今回オーデションで合格したお子さんもたくさん出演していた。
娘はやっぱりお子さんの演技に目がいくようで
最後のアンケートにも
「ミニ―メイ役の子がかわいかった」
と記入していた。

ミュージカルの動きは娘がならっているバレエに似ているものがたくさんあり、
そんな発見も楽しかった。

私も途中ほろりとしたり、爆笑したり
娘とともに2時間半楽しんだ。

心配だった帰りの電車。

途中から激混みで
立っている娘の顔がサラリーマンの体で押しつぶされそうになったり、
倒れそうになったり。

「こういうときは足を開いて踏ん張るんだよ。がんばれ~」
なんてお互い足を開いて踏ん張りポーズで笑いながらゆられていたら

椅子に座っていたおばさまが、私の手荷物を持ってくれた。

申し訳ないので何度もお断りしたのだけれど、
「いいのよ」とおっしゃるので甘えさせてもらった。

そしてその方は下車する時に娘に席を譲ってくれた。

有り難かった。

それから、娘の隣に座ってきたおばさまが
キャンディーを娘と私にくれた。

「ママ、きれいだからビタミンCとってね」
な~んて嬉しい言葉まで

「優しい人がいっぱいいたね」

地元の駅に着いた時、眠い目で娘が言った。

夜遅くに子供を満員電車に乗せるなんて非常識かな。。。
と少し後ろめたかったけれど、
優しいかたに見守られ、無事帰ってこれた。

娘がこのミュージカルを思い出すとき、
帰りの電車で優しくしていただいたことも一緒に思い出すかな。

それがまたちょっと嬉しかったりします。
スポンサーサイト

コメント

あぁ、いいね、こういうの。
誰かが手を差し伸べてくれるのって、やっぱりそうしたいと感じさせる何かがあるからだよね。

娘ちゃんの成長を感じたり人の温かさにふれた、いい一日だったね。

みゃーすけちゃんの『そうしたいと感じさせる何かがある』
って、とっても素敵な言葉だね♪

人から優しさをもらうと、それだけで本当~に温かい気持ちになるし
なにより、自分も誰かに優しくしたい、とも思うよね♪

優しいオニョから、これまた優しく成長した娘ちゃんが生まれ・・・

いっつもオニョの日記にはホンワカさせられますv-10

☆みゃーすけちゃん

思ってもなかなか実行できないこともあるのに、声をかけてもらい、親切にしてもらって本当にありがたかったよ。
娘の成長ね、一緒にできることが知らないうちに増えていてそれに気づいたときって可能性がまた広がってすごく嬉しいよね。

☆yumi

昔から危なっかしいと言われていろんなお友達に手を差し伸べてもらってきたけれど。。。i-237
優しくしてもらうとお返ししたいなって思うよね。
でも優しくするのって変に勇気がいるのよね。
さらりと優しくできる人になりたいな。
Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。