スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの夜2012





クリスマスイブの食卓は夫と息子が頑張ってくれました。

ケンタ風のチキンと、フランスパンのカナッペ。
軽く焼いたフランスパンの上に好きな具材をトッピング。

サーモン、アンチョビ、オリーブ、レモン、うずらの卵、パプリカ、サニーレタス

ただのせるだけなのにお洒落になって美味しくいただける

お仏壇とサンタさんに少しケーキを残して

会話もはずみ、楽しかったな

その夜、娘は3時くらいに目覚めてしまったそう。半信半疑ながらもわくわくしていることの現れではないかな。
ツリーの所にサンタさんからのプレゼントがあり、とても嬉しかったそうです

「サンタさんってパパやママだと思うんだけどな。。。」
今年はずっとそんなことを言っていた娘。
「子供の頃、ママのところへはサンタさん来てた?」
娘に聞かれて考える。

う~~~~ん、そういえば、来てなかった。

現実的な母に、サンタは来ません宣言されていたと思う。
とても不確かで曖昧な記憶なんだけど。

母がクリスマスだから好きなモノを買ってあげるって言ってくれても、
いつも「いらない」って答えてよく怒られてたな。
なんで怒られなくちゃいけないんだ。。。って思ってたけど、
私の喜ぶ顔が見たくて一生懸命働いていた母の気持ち、今ならわかります。


いつだったかのクリスマス。中野ブロードウェイのおもちゃ屋さんに並んでいた「フランス人形のオルゴール」が素敵で、店先で眺めていたら、母がそれを買ってくれて。
すごく嬉しかったのを覚えている。セーラちゃんって名前つけたな。
きっとそんな私を母は嬉しく眺めていたんだろうと思う。

サンタこそこなかったけど、私はクリスマスの夜は「何か」を感じていました。
不思議な空気感。
窓を少し開けて寝たり、ツリーのイルミを消さないで置いたり。
その時期になるとツリーの小さな飾りが店頭に並ぶスーパーが近くにあったんだけど、
惹かれるものがあるとそれだけは母に頼んで1,2個選ばせてもらっていました。妙にリアルなサンタクロースだったり、小人だったり。夜になるとそれらが踊ったりお話したりするような気がして。
空想好きな子供だったので、布団の中でわくわくどきどきしていました。

神聖な何かを感じられるこの夜が大好きでした。
今もその気持は残っています。

だから今年も娘に、「サンタっていると思う??」って聞かれた時に
「サンタかどうかわからないけど、何かいるよ、絶対。お母さんは感じる」
というこたえになったのでした。

今年のサンタさんからのプレゼントは「バレエのレオタードとボレロ」

朝からそれを着て、歯を磨いたりドリルしたりしている娘なのでした。






スポンサーサイト

コメント

onyorinのお母さんとのお話、いつ聞いても胸にジ~ンとくるよ。
クリスマスのお料理、男の料理だったのー?凄すぎる~!!!!ご主人がするだけでもすごいのに、息子ちゃんもするんだ~!イマドキの男子はお料理できないとね!(笑)
うちの男子がお料理を作る日は来るのだろうか…

☆yumi
母との思い出は、忘れない内に、折りにふれ記事にして残していこうと思っているよ。また読んでください。
夫はアレンジとかは苦手みたいだけど、レシピ見てつくるのはときたまやってくれるよ。
息子は適当にいろいろやっちゃうタイプ。ありえないものを混ぜちゃったりするからちょっと怖い。
今回は夫はチキン、息子はフランスパンに載せるディップを一部作ってくれました。旦那様、一緒に作ったら楽しいんじゃないかな??
Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。