スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メジロの恩返し?

あれは2月11日の事。

夫が、
「今娘の部屋にうぐいすがいるよ。マリーを中に入れないでね」
そう言いました。

「??うぐいす??」

娘の部屋に行ってみると、
小さなグリーンの小鳥がじっと布団の上にいて、娘は頬杖をついてうれしそうにじ~~っと眺めていました。

目の周りが絵の具で描いたように白い小鳥。
うぐいすではなくってメジロでした。

なんで?なんでここにいるの??

聞くと、
夫がベランダで動かないでいるメジロを見つけ、娘に託したのだそう。

手の平にのせてみても目をキョロきょろさせているだけで動かない。
翔べないのかな??
足を怪我しているのかな??

可愛いね~~飼いたい!と喜んでいる娘の横で、
私はどんどん不安になっていました。

子供の頃、ハトが怪我してベランダに来たのを箱に入れて看病していたのを思い出しました。
そのハトは羽根から血が出ていて怪我をしていたけれど、
数日したら元気になり、飛び立っていったのですが。

このメジロは。。。

う~~ん
まずは水だ!!

指に水をつけてくちばしにあてると、少しくちばしをパクパクさせました。

それから。。。

何か箱に入れてあげよう!
箱には滑らないように布とか紙を敷こうか・・・

息子も加わり猫のマリーに気をつけて準備しました。

私はナレーションのセミナーに行く朝で、バタバタ。

程なくすると、
子どもたちが、「飛んでいったよ!」と言いにきました。

箱に入れてあげたらキョロキョロしだして、
からだにさわったら箱のふちにぴょんと止まり、
それから再びからだにさわったら窓の外に元気に飛び立っていったのだそう。

よかった~~~~!!


それにしても何だったんだろう????

ちょうど今4年生の国語の教科書で習っている、「夕鶴(鶴の恩返し)」みたいに
メジロの恩返しがやってくるかも~~なんて子どもたちと笑いました。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。