スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の命日

今日は母の命日でした。
一日守られているような気がしました。

母のことを思い出すと、条件反射のごとく涙があふれてしまうので
朝、夕はお仏壇に手をあわせたけれど、日中はなるべく映像的には思い出さないようにしていました。

1999年4月19日の朝に「ありがとう」の言葉を残して逝ってしまった母のことをいつになったら冷静に思い返せるのだろう。

母と住んでいた団地界隈を再び歩いてみたい衝動にかられますが、
自分がどうにかなりそうで、一人では歩けそうにありません。

母がもう少し長く生きていてくれたらまた違っていたのかなぁ。

「かぁちゃん(←私のこと)にもし子供ができたら、可愛がりすぎてなめ殺しちゃう。なんでも買ってあげちゃう。子供ができたら、お母さん仕事を減らすから、かあちゃん、安心して仕事行っていいからね」

まだ私に子供がいないとき、よくそんなことを言っていました。

私が仕事を休んででも母を検診につれていけばよかった。
お金がかかるから病院にも行けなかった母に、人間ドッグをプレゼントしてあげればよかった。

子供が大好きだった母に、息子と娘に会わせてあげたかった。

母に関しては後悔ばかりです。
スポンサーサイト

コメント

おにょりんさんのお母さんシリーズは毎回泣いちゃいます。15年前、握手してもらえたこと忘れません。素敵なお母様でした!

No title

うちも日曜日が命日でした。
先日、十七回忌をしましたが、何年経ってもやっぱりあの時こうしておけばと思うことばかりです。長男がお腹にいることがわかったのが亡くなってすぐだったから妊娠したことだけでも伝えたかったな・・・
でもおにょりんさんは私なんかより、最後までしっかりお母様の看病をして、なかなかできることじゃないです。だからあまり自分を責めないでくださいね。

☆ニャンタ久子ちゃん
ありがとう。
「あの子元気で可愛くて面白いね。握手しちゃったよ」
って楽しそうに母が話していたのを思い出します。母のことを覚えている人が少なくなっていく中で、こうやって一緒に思い出してくれるひさちゃんの存在はありがたいよ。嬉しいです。

☆キムエツさん
コメントありがとう。
キムエツさんのお母様のお命日のこと、覚えていましたよ。おうちのそばを通ったときに、お話に行こうかな…なんてふと思ったものの、きっと涙でおしゃべりできなくなっちゃうなって思ってやめました。普段は笑顔でも、こうやって、ちょっと思い出に触れるだけでどうしようもないほどつらく寂しくなり涙があふれてしまう人って、シチュエーション違えどこの世界には沢山いるよね。
震災も、病気も、戦争も…。ヘルパーをしていると、親とつらいお別れをされたかたが多いので、 そんなかたの気持ちに少しは寄り添える自分であることが実感できます。母に感謝だね。
Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。