スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買えないジレンマ(訪問介護)

ヘルパーによる買い物サービス。

買い物に行けない利用者さんにとって、大変有り難く思っていただいています。

昔はさっさと行けたのよ。
重いものもへっちゃらだったのよ。

本当は自分の目で見て買い物ができたらどんなにいいか。

わかります。だから気になさらずになんでも頼んでくださいね。

。。。とはいうものの
「なんでも」は買えないんです。

介護保険のサービスとして動いている私たち訪問介護員は、お手伝いさんとは違います。

要望にいかに細かくお応えできるか
ということが目標のサービス業ではありません。

ビール、栄養ドリンク、薬、湿布などなど頼まれても買えないものも。
手紙のポスト投函も、お金の振り込みや、出入金も業務にないことです。

でも、薬局でトイレットペーパーを買うついでに、バファリン買ってきてほしいの。
いつも飲んでるから大丈夫よ。
ついでだからいいでしょう。

そう言われたときに、断るつらさ。ジレンマ。

買いに行けないからヘルパーがいるのに、誰が薬を買うのだろう?

上司にきいたことがあります。

月に一度病院に一緒に行ってる親戚や、近くに住む親族、どうしてもいない場合はケアマネージャーに相談。

利用者さんには近くに親族がいらっしゃるかたも実際に多いです。

でも頼みにくいからサービスを利用しているかたも。

人に頼ることが嫌いな、ひとに迷惑かけることがいやな律儀な勤勉な世代のかたがたの気持ち、
母もそうだったのでよくわかります。

先日は、足が悪く半年以上一緒に買い物に出ていなかったWさんが、
今日はビールを差し上げたい人がいるから、一緒に買い物にでるわ。あなた、買えないんだもんね。
と、シルバーカーを用意して待っていました。

そうです。利用者さんが一緒に買い物にでるなら、なんでも買えるのです。

すごく近くのスーパーだけど休み休みかなりの時間をかけてビールだけを一緒に買いにいきました。
帰り道はWさんつらそうだった。

上司には報告していますが、ジレンマをかんじました。

ちいさな事業所だと、ヘルパーの判断でお手伝いさんのようになんでもやってあげているところもあるとききました。

何かあってからでは遅いとの判断で、うちの会社はきっちりルール徹底です。
そのビールを利用者さんが飲んで、具合が悪くなったら?
湿布でかぶれたら?
買った薬が飲みあわせが悪く血圧急にあがったら?薬を過剰摂取して命にかかわったら?

責任とれますか?

とれません。
利用者さんには認知症初期のかたもいるし。
利用者さんをすべて信用はできません。
私が帰宅ご、みはってあげることもできません。
利用者さんによってルールをやぶってよしというサービスが、介護保険であってはならないと思う。

そうだよね。

でもね、ジレンマを感じながら仕事をしています。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

onyorin

Author:onyorin
家族:夫、息子(中学3年)、娘(小学6年)、マリー(猫)   

司会のしごと&訪問ヘルパーをしています。
日々感じたこと、家族との時間など記録として書いています。プロフィール画像はかつて娘に作ったキャラ弁。そういうこともたまには致します(笑)

FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Countdown X'mas
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。